シュルッパク(英語表記)Shuruppak

世界大百科事典 第2版の解説

シュルッパク【Shuruppak】

メソポタミア南部,古代シュメール地方の都市。現遺跡名ファラFara。1902‐03年にドイツ隊,31年にアメリカのペンシルベニア大学隊により発掘された。前4千年紀末のジャムダット・ナスル期に成立し,前3千年紀中葉,初期王朝期III期初めに発展頂点に達したと思われるが,ウル第3王朝時代ののち荒廃した。〈シュメール王朝表〉によれば,シュルッパク王ウバルトゥトゥの治世ののち〈大洪水〉が全土を襲ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android