コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュルッパク Shuruppak

1件 の用語解説(シュルッパクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュルッパク【Shuruppak】

メソポタミア南部,古代シュメール地方の都市。現遺跡名ファラFara。1902‐03年にドイツ隊,31年にアメリカペンシルベニア大学隊により発掘された。前4千年紀末のジャムダット・ナスル期に成立し,前3千年紀中葉,初期王朝期III期初めに発展は頂点に達したと思われるが,ウル第3王朝時代ののち荒廃した。〈シュメール王朝表〉によれば,シュルッパク王ウバルトゥトゥの治世ののち〈大洪水〉が全土を襲ったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone