ショッケン(英語表記)Salman Schocken

世界大百科事典 第2版の解説

ショッケン【Salman Schocken】

1877‐1959
ユダヤ系の出版業者。ポーゼン(現,ポーランド領ポズナン)出身のドイツ系ユダヤ人で,ドイツ各地に百貨店チェーンを築いた。1931年ベルリンにショッケン書店を創業して出版・印刷業を始め,ナチスによる迫害が始まったころにユダヤ関係出版物を集中的に刊行した。のちパレスティナに亡命するとともにニューヨークに書店を再開,M.ブーバー,F.カフカらの国際的出版・普及に努めた。指導的シオニストで,エルサレムのヘブライ大学の理事職も務め,ショッケン図書館(エルサレム)を残した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android