ショファル(英語表記)shofar

翻訳|shofar

世界大百科事典 第2版の解説

ショファル【shofar】

古代イスラエルの角笛。牡羊,牡ヤギの角でつくる。前2千年紀から用いられ,旧約聖書にもしばしば登場する。70年のエルサレム神殿破壊後も,ひきつづき今日までユダヤ教徒のあいだで命脈を保っている唯一の宗教楽器。かつては野営に関するさまざまの合図として,また悪霊よけの呪術,戦い(例えばヨシュアによるイェリコ攻略)などに魔術的な騒音楽器として用いられ,やがて第二神殿期に宗教礼拝用に採用された。今日ではもっぱら,ユダヤ教の祭式(エルル月の朝の礼拝後,新年祭,贖罪日など)で吹かれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のショファルの言及

【角笛】より

…角を意味する語がそのまま楽器名となった場合も多い。中国で軍楽等に用いられた角(かく)や,ユダヤ教のショファル等がそれで,前者は仏画の奏楽場面にも登場し,日本の阿弥陀来迎図にまで及んでいる。洋楽のホルンコルネット等も金属製になってはいるが,角から来た名であり,ビューグルは〈牛飼いの角笛〉という意味のフランス古語に由来している。…

【ユダヤ音楽】より

…旧約聖書にはまた多くの楽器名が登場する。体鳴楽器として小型シンバル,小型ベル,がらがらなど,膜鳴楽器として片面太鼓(トフ)など,気鳴楽器として角笛(ショファル),トランペット,リード笛(ウガブ,ハリール)など,また弦鳴楽器として,リラ(キンノール),ハープ(ネベル)など。これらの楽器は,パレスティナ地方の考古学的発掘物のなかにも,断片的ながら散見される。…

※「ショファル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android