コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショベル形切歯 ショベルがたせっしshovel-shaped incisor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショベル形切歯
ショベルがたせっし
shovel-shaped incisor

ヒトの切歯で後面の両側が中央部より隆起しているものがあり,1870年にミュールライターによってその形からショベル形切歯と名づけられた。出現頻度は,アメリカインディアンエスキモーなどを含んだモンゴロイドに高く (70%以上) ,その人種的特徴であるといわれる。ポリネシア諸島人は中程度 (30~40%) であり,白人と黒人では少い (20%以下) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ショベル形切歯の関連キーワード歯科人類学

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android