コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白人 ハクジン

4件 の用語解説(白人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐じん【白人】

白色人種に属する人。

㋐物事に未熟な人。不慣れな人。しろうと。
「京の色里にて手弱き客を―と言へり」〈浮・常々草〉
㋑江戸時代、京都の祇園や大坂の曽根崎などにいた私娼(ししょう)。しろうと。はく。
「曽根崎の茶屋、紀伊国屋の小春といふ―に」〈浄・天の網島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はくじん【白人】

白色人種のうち、特に明色の皮膚をもつ人。
〔「白人しろうと」を音読みした語〕
近世、上方で、私娼。また、公認の遊里以外の地にいた遊女。しろと。はく。 「 -芸子の今様めけるは、南北に風情をたたかはす/滑稽本・志道軒伝」
技芸などに熟達していない人。素人しろうと。 「京の色里にて手弱き客を-と言へり/浮世草子・新吉原常々草」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白人
はくじん

コーカソイド」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白人
はくじん
white

いわゆる三大人種の一つであるコーカソイドの俗称で、明色の皮膚をもつ欧米人をさす。しかし、インド人などはコーカソイドではあるが皮膚色が濃いため、一般には白人とよばれない。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白人の関連キーワード赤身御納戸五雲白羽白・闢赤、白、青白 -Shiro-白久白山町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白人の関連情報