コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレンク Leopol’d Ivanovich Shrenk

1件 の用語解説(シレンクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シレンク【Leopol’d Ivanovich Shrenk】

1830‐94
ロシアの民族学者。シュレンクとも呼ぶ。生地はウクライナハリコフ付近。1854‐56年,科学アカデミーアムール川サハリン島調査を指導。主著《1854‐56年のアムール地方の旅と調査》4巻(ドイツ語,1859‐1900)はその報告書で,アムール地方に住む人々の人種構成と文化,習俗を初めて包括的に記述したものとして著名。《アムール地方の異族》3巻(1883‐1903)は,同書の民族学関係の部分をロシア語訳したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシレンクの言及

【シベリア探検】より

…本書において,シベリアにおける永久凍土層の分布圏と規模が報告された。次いで54‐56年に行われたシレンクのアムール川下流部とサハリンの調査は,この地方の自然と民族の研究に大きく貢献した。とりわけニブヒ族ウリチ族ウイルタ族などの民族誌的研究《アムール地方の異民族について》(3巻,1883‐1903)は現在でもこの方面の研究の必須文献である。…

※「シレンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シレンクの関連キーワード国立民族学博物館宗教民族学ダーリ民族学ルバシカ松本信広ロシュミットシュレンディロシアの恋人大林太良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone