コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シレンク Leopol’d Ivanovich Shrenk

世界大百科事典 第2版の解説

シレンク【Leopol’d Ivanovich Shrenk】

1830‐94
ロシアの民族学者。シュレンクとも呼ぶ。生地はウクライナのハリコフ付近。1854‐56年,科学アカデミーのアムール川・サハリン島調査を指導。主著《1854‐56年のアムール地方の旅と調査》4巻(ドイツ語,1859‐1900)はその報告書で,アムール地方に住む人々の人種構成と文化,習俗を初めて包括的に記述したものとして著名。《アムール地方の異族》3巻(1883‐1903)は,同書の民族学関係の部分をロシア語訳したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシレンクの言及

【シベリア探検】より

…本書において,シベリアにおける永久凍土層の分布圏と規模が報告された。次いで54‐56年に行われたシレンクのアムール川下流部とサハリンの調査は,この地方の自然と民族の研究に大きく貢献した。とりわけニブヒ族ウリチ族ウイルタ族などの民族誌的研究《アムール地方の異民族について》(3巻,1883‐1903)は現在でもこの方面の研究の必須文献である。…

※「シレンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シレンクの関連キーワードツングース語系諸族旧アジア諸語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android