コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤島 ふじしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤島
ふじしま

山形県西部,鶴岡市北東部の旧町域。 1922年町制。 1954年長沼村,八栄島村,東栄村と合体。 2005年鶴岡市,羽黒町,櫛引町,朝日村、温海町の5市町村と合体して鶴岡市となった。地名は嘉祥年間 (848~851) の大地震で大洪水が起こり,多くのフジ (藤) の木が流れついて島をなしたという伝承によるともいわれる。東部は出羽山地に含まれる丘陵地帯であるが,大部分は庄内平野に属し,大半は水田単作地帯で米を多産。藤島川の水運を利用して,米が酒田に運ばれていたが,国鉄陸羽西線開通後は鉄道輸送に代わった。中世,土佐林氏の居城跡の藤島城跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじしま【藤島】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤島
ふじしま

山形県北西部、東田川郡にあった旧町名(藤島町(まち))。現在は鶴岡(つるおか)市の北東部を占める地域。旧藤島町は、1922年(大正11)町制施行。1954年(昭和29)八栄島(やえじま)、長沼、東栄(とうえい)の3村と合併、1955年渡前(わたまえ)村を編入。2005年(平成17)羽黒(はぐろ)、櫛引(くしびき)、温海(あつみ)の3町および朝日村とともに鶴岡市に合併。地域のほぼ中央を南流する藤島川と北端を北西流する京田(きょうでん)川が北東部で合流する平坦(へいたん)地で、明治後期から耕地整理が進み、庄内平野の代表的な水稲単作地帯。西部をJR羽越本線が南北に縦断し、国道345号が鶴岡市の中心市街地に通じる。中心地の藤島は南北朝から近世初期まで藤島城があり、南北朝時代は南朝の拠点であった。明治・大正期には東田川郡役所や庄内農学校などが設置され、同郡の中心であった。郡庁舎と議事堂は復元され、東田川文化記念館として利用されている。地域内には、伝統芸能である獅子(しし)踊りが多く残されている。[中川 重]
『『藤島町史』上下(1972・藤島町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤島の関連キーワードああっ女神さまっ 小っちゃいって事は便利だねっ逮捕しちゃうぞ SECOND SEASON逮捕しちゃうぞ フルスロットルああっ女神さまっ それぞれの翼燈明寺畷新田義貞戦没伝説地鹿児島市立美術館福井県福井市毛矢安芸ノ海 節男逮捕しちゃうぞ別府 貫一郎安芸ノ海節男稲川政右衛門友重(3代)友重(初代)安芸乃島勝巳清光(2)常ノ花寛市鈴木千久馬藤島の戦い羽黒[町]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤島の関連情報