コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロソ砦 シロソトリデ

デジタル大辞泉の解説

シロソ‐とりで【シロソ砦】

Fort Siloso》シンガポール南部のセントーサ島にある要塞。1880年代に英国がシンガポール港の防御のために建造。第二次大戦中、日本軍によるシンガポール攻略の際に英国軍が立てこもった。現在は博物館として公開されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

シロソとりで【シロソ砦】

シンガポール都心の対岸にあるセントサ島にある歴史遺構で、1880年代にイギリス軍により建設された、シンガポール唯一のイギリス式の沿岸要塞。1942~1945年までシンガポールを占領した日本軍は、この砦を捕虜収容所として使っていた。現在は博物館になっている。◇正式名称は「Fort Siloso」。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android