コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンタグマ広場 シンタグマヒロバ

デジタル大辞泉の解説

シンタグマ‐ひろば【シンタグマ広場】

Plateia SyntagmatosΠλατεία Συντάγματος》ギリシャの首都アテネの中心部にある広場。「シンタグマ」はギリシャ語で「憲法」を意味し、1843年に憲法が発布されたことに由来する。周囲には、ギリシャ王国時代の王宮だった国会議事堂無名戦士の墓があり、市内交通の要所となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

シンタグマひろば【シンタグマ広場】

ギリシアの首都アテネの中心部にある広場。この広場に面して国会議事堂が建ち、周辺のプラカ地区は官公庁商業施設が集まる繁華街になっている。また、広場東側には無名戦士の碑がある。◇1844年に、広場の東側にある宮殿のバルコニーでギリシア王国の憲法が発布されたことから、「憲法広場」と呼ばれる(「シンタグマ」はギリシア語で「憲法」という意味)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

シンタグマ広場の関連キーワードギリシア独立記念日アマリアス大通り

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android