コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーケンシャルアクセス(読み)シーケンシャル アクセス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シーケンシャルアクセス

記憶装置などからデータを読み書きする際に、先頭のデータから順番にアクセスする方法。これに対して、散らばって記録されたデータを直接アクセスしていく方法をランダムアクセスという。シーケンシャルアクセスは、常に先頭から検索するため、後ろのほうに記録された情報へのアクセスに時間がかかる。シーケンシャルアクセスの記録メディアとして代表的なものに磁気テープがある。頻繁に読み書きをするメモリーやハードディスクなどの記憶装置は、ランダムアクセスが主流となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シーケンシャルアクセス

記憶装置から,データが記録されている順番どおりにデータを読み出すこと。代表的なものでは磁気テープがある。磁気テープは,必要なデータを読み出す場合,先頭から検索していかなくてはならないので,シーケンシャルアクセスのみ可能である。一方,磁気ディスクなどでは必要なデータに直接アクセスするランダムアクセスが可能である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シーケンシャルアクセス【sequential access】

コンピューターの記憶装置へのデータの入出力を、記憶場所を順次たどって行う方式。磁気テープはこの方式。 ⇔ ランダム-アクセス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android