コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーケンシャルアクセス シーケンシャル アクセス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

シーケンシャルアクセス

記憶装置などからデータを読み書きする際に、先頭のデータから順番にアクセスする方法。これに対して、散らばって記録されたデータを直接アクセスしていく方法をランダムアクセスという。シーケンシャルアクセスは、常に先頭から検索するため、後ろのほうに記録された情報へのアクセスに時間がかかる。シーケンシャルアクセスの記録メディアとして代表的なものに磁気テープがある。頻繁に読み書きをするメモリーやハードディスクなどの記憶装置は、ランダムアクセスが主流となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シーケンシャル‐アクセス(sequential access)

コンピューターの記憶装置に納められた情報を順に検索していって、目的とする情報にたどり着く方式。逐次アクセス。順次アクセス。順次呼び出し。⇔ランダムアクセス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シーケンシャルアクセス

記憶装置から,データが記録されている順番どおりにデータを読み出すこと。代表的なものでは磁気テープがある。磁気テープは,必要なデータを読み出す場合,先頭から検索していかなくてはならないので,シーケンシャルアクセスのみ可能である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

シーケンシャルアクセス【sequential access】

コンピューターの記憶装置へのデータの入出力を、記憶場所を順次たどって行う方式。磁気テープはこの方式。 ⇔ ランダム-アクセス

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

シーケンシャルアクセスの関連キーワードインデックスシーケンシャルファイルシーケンシャル/ランダムアクセスVSAMファイルコンピューター磁気ディスク逐次呼出し順呼出し

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android