コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーバワイフ Sībawayh

1件 の用語解説(シーバワイフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シーバワイフ【Sībawayh】

?‐770ころ
アラビア語の文法学者。バスラ生れのイラン人で,ハーリス・ブン・カアブ家のマワーリーハリール・ブン・アフマドをはじめとするバスラ文法学派の師たちから文法学を学び,史上比類なしといわれた《書物al‐Kitāb》という大著の文法書を著し,アラビア語文法学を確立した。ハリール・ブン・アフマド《アインの書》と並んでアラビア語文法学の源泉と見なされている。キサーイーとのいわゆる〈スズメバチ文法論争〉に敗れたのち,シーラーズで没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

シーバワイフの関連キーワード宝亀平王孝謙天皇藤原良継孝謙天皇光仁天皇啖助パーラ朝夫婦称徳天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone