著し(読み)イチジルシ

  • ▽著し
  • いちしろし
  • いちしろ・し
  • いちじる・し
  • しるし
  • しる・し
  • しろし
  • しろ・し

デジタル大辞泉の解説

[形ク]《「いち」は、勢いのはげしい意の接頭語、「しるし」は、はっきりしている意。室町時代ごろまでは「いちしるし」》「いちじるしい」に同じ。
「―・き山口ならばここながら神の気色をみせよ」〈かげろふ・上〉
[補説]日葡辞書に口語形「いちしるい」もみられる。
[形シク]いちじるしい」の文語形
[形ク]「いちじるし」の古い形。
「天霧(あまぎ)らし雪も降らぬか―・くこのいつ柴に降らまくを見む」〈・一六四三〉
[形ク]
はっきりしている。際立っている。しろし。
「大伴の遠つ神祖(かむおや)の奥つ城(き)は―・く標(しめ)立て人の知るべく」〈・四〇九六〉
(多く「…もしるく」の形で)聞いたこと思ったことなどが、はっきり形に現れるさま。
「さればよと思ふも―・くをかしうて」〈・二七七〉
[形ク]《「しろ(白)し」と同語源》「しる(著)し」に同じ。
「又―・く院がたへ参るよしを言ひて」〈保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちは接頭語。中世以前はいちしるし
形ク
いちじるしいに同じ。 例の所ならぬ所にて、ことにまた-・からぬ人の声聞きつけたるはことわり/枕草子 150
形シク
形ク
いちじるしの古形
いちじるしに同じ。 天霧らし雪もふらぬか-・くこのいつ柴に降らまくを見む/万葉集 1643
形ク
はっきりしている。きわだっている。 梅の花匂ふ春べはくらぶ山闇にこゆれど-・くぞありける/古今 春上
思ったこと、効果を期待していたことなどが、具体的な形をとって現れるさま。 宣ひしも-・く、十六夜の月のをかしき程におはしたり/源氏 末摘花
形ク
しるし(著)に同じ。 やうやう-・くなり行く山ぎはすこしあかりて/枕草子 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

著しの関連情報