コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

著し イチジルシ

デジタル大辞泉の解説

いち‐じる・し【著し】

[形ク]《「いち」は、勢いのはげしい意の接頭語、「しるし」は、はっきりしている意。室町時代ごろまでは「いちしるし」》「いちじるしい」に同じ。
「―・き山口ならばここながら神の気色をみせよ」〈かげろふ・上〉
[補説]日葡辞書に口語形「いちしるい」もみられる。
[形シク]いちじるしい」の文語形

いち‐しろ・し【著し】

[形ク]「いちじるし」の古い形。
「天霧(あまぎ)らし雪も降らぬか―・くこのいつ柴に降らまくを見む」〈・一六四三〉

しる・し【著し】

[形ク]
はっきりしている。際立っている。しろし。
「大伴の遠つ神祖(かむおや)の奥つ城(き)は―・く標(しめ)立て人の知るべく」〈・四〇九六〉
(多く「…もしるく」の形で)聞いたこと思ったことなどが、はっきり形に現れるさま。
「さればよと思ふも―・くをかしうて」〈・二七七〉

しろ・し【著し】

[形ク]《「しろ(白)し」と同語源》「しる(著)し」に同じ。
「又―・く院がたへ参るよしを言ひて」〈保元・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじるし【著し】

〔「いち」は接頭語。中世以前は「いちしるし」〕
( 形ク )
いちじるしい」に同じ。 「例の所ならぬ所にて、ことにまた-・からぬ人の声聞きつけたるはことわり/枕草子 150
( 形シク )

いちしろし【著し】

( 形ク )
〔「いちじるし」の古形〕
いちじるし」に同じ。 「天霧らし雪もふらぬか-・くこのいつ柴に降らまくを見む/万葉集 1643

しるし【著し】

( 形ク )
はっきりしている。きわだっている。 「梅の花匂ふ春べはくらぶ山闇にこゆれど-・くぞありける/古今 春上
思ったこと、効果を期待していたことなどが、具体的な形をとって現れるさま。 「宣ひしも-・く、十六夜の月のをかしき程におはしたり/源氏 末摘花

しろし【著し】

( 形ク )
しるし(著)」に同じ。 「やうやう-・くなり行く山ぎはすこしあかりて/枕草子 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

著しの関連キーワードジョン・リチャード ヒックスブラスコイバニェス洞院実熙・洞院実煕ジョージ ケペシュポリュクレイトストゥルシーダースディオファントス君台観左右帳記フワーリズミーヒュペーリオンノストラダムス高井 としをオヤングレンヘカタイオスビリングチオ三部仮名鈔法華三大部破吉利支丹小倉金之助紀事本末体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

著しの関連情報