コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサーイー al‐Kisā’ī

世界大百科事典 第2版の解説

キサーイー【al‐Kisā’ī】

731‐806
アッバース朝時代のコーラン読誦者,文法学者。イラン系で,アラブのアサド族のマウラー(被護民)となり,ナジュドヒジャーズベドウィンからアラビア語を学び,さらにバスラに出てハリール・ブン・アフマドに師事し,やがてクーファ文法学派の代表者となった。また7人の正統コーラン読誦者の一人でもあった。カリフ,ハールーン・アッラシードに仕え,その子アミーンとマームーンの家庭教師をつとめた。奸計を用いてシーバワイフを退けた文法論争は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キサーイー
きさーいー
Ab al-asan Kis'
(953―?)

ペルシアの詩人。メルブに生まれる。初めサーマーン朝やガズナ朝のスルタン・マフムードに頌詩(しょうし)を捧(ささ)げたが、50歳ごろ隠遁(いんとん)し、熱烈なシーア派信者になり、十二イマームをたたえた最初の詩人として知られる。宗教詩、哲学詩の先駆者で、この分野の大詩人ナースィレ・ホスローに大きな影響を与えた。彼の詩集は現存せず、作品は中世の詩人伝、名詩集などに収められている。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

キサーイー

生年月日:953年3月16日
イランのサーマーン朝時代の詩人
1002年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

キサーイーの関連キーワードハールーン・アッラシード

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android