コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーモノフ父子 シーモノフふし

世界大百科事典 第2版の解説

シーモノフふし【シーモノフ父子】

ロシア,モスクワのワフタンゴフ劇場の親子2代にわたる首席演出家。父ルーベンRuben Nikolaevich Simonov(1899‐1968)は俳優としても有名。同劇場の前身,モスクワ芸術座第三研究劇場でワフタンゴフの弟子となる。十月革命後の新時代にふさわしい祝祭的演劇表現を模索した師の死後,その遺志を発展させようと1928‐37年,自ら研究劇場をつくったりしたが,30年代にソ連芸術界に支配的になった形式主義批判のために師の教えを十分に発展させ得なかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android