ジェット気流雲(読み)じぇっときりゅううん

日本大百科全書(ニッポニカ)「ジェット気流雲」の解説

ジェット気流雲
じぇっときりゅううん

ジェット気流の強風帯に沿って、対流圏上部にときどき発生する雲。ジェット巻雲(けんうん)ともいう。風向に直角方向に並んだ巻雲の列からできていることが多く、地上から見ると、列の数本が見えることがある。発生のメカニズムはよくわかっていない。ジェット気流の流体力学的な不安定現象によって、一定の間隔上昇気流ができるのではないかとする説がある。

[木村龍治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android