コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻雲 けんうん cirrus

翻訳|cirrus

5件 の用語解説(巻雲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻雲
けんうん
cirrus

上層雲に属し,繊維状をした。略号 Ci。一般に白色でかぎ状,直線状,糸状で離ればなれになっており,地上の陰影はない。房状の厚みのある巻雲は,濃密巻雲と呼ぶ。常に氷晶からなり,通常 5~13kmの高さに現れるが,極地方では 3~8km,熱帯地方では 6~18kmに現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けん‐うん【巻雲/絹雲】

十種雲形(雲級)の一。繊維状に散らばった白い雲。ふつう5~13キロの高さに現れる氷晶集まり。略号はCi。筋雲(すじぐも)。→雲級

まき‐ぐも【巻(き)雲/×捲き雲】

けんうん(巻雲)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

巻雲【けんうん】

絹雲とも書く。上層雲の一つ。繊維状に散らばった白い雲で,糸状のもの,布切状のもの,細い帯状のもの,毛髪状のものなどいろいろある。通常5000〜1万3000mの高さに現れ,雲粒はすべて氷晶である。
→関連項目真珠雲夜光雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻雲
けんうん
cirrus

晴れた日に、空高く、刷毛(はけ)でこすった跡のような形の白い雲が見えることがある。これが巻雲である。記号Ci。対流圏上部(日本付近では高度5~13キロメートル程度)に発生する氷晶雲で、羽毛のように見えるのは、氷晶が落下しながら風にたなびいているためである。
 巻雲の発生は、巻積雲、高積雲から落下する氷晶がもとになる場合、積乱雲の雲頂から吹き上げられた氷晶(鉄床雲(かなとこぐも))がもとになる場合、巻層雲が消える直前に残った氷晶がもとになる場合などがある。巻雲の形は、直線状、または多少もつれた毛状巻雲、先端が釣り針のように曲がっているかぎ状巻雲、ある程度の広がりをもった濃い濃密巻雲、先端に積雲のような塊のついている塔状巻雲、積雲のような塊が房のように集まった房状巻雲に分類されている。ジェット気流の近くには独特の形の巻雲(ジェット気流雲)が発生する。なお、気象庁は1964年(昭和39)、「巻」は「けん」とは読まないとした当用漢字音訓表にあわせるため表記を「絹雲」に改めた。しかしその後、1981年に制定された常用漢字表では「巻」を「けん」と読むことが認められたため、88年4月1日に従来の表記に戻された。[木村龍治]
『高橋健司著『Cloud――造形美の競演』(1998・誠文堂新光社) ▽山田圭一撮影『雲の四季』(1999・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻雲の関連キーワード高層雲巻層雲雲級上層雲繊維状蛋白質中層雲片乱雲繊維状ダイズタンパク質繊維状タンパク質繊維状変晶質組織

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巻雲の関連情報