ジドブジン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジドブジン

エイズ治療薬。エイズウイルスの増殖を抑制することによって,抗エイズ作用を発揮する。日本で公に承認されてた最初のエイズ治療薬である。 DNAを構成する核酸の誘導体で,エイズウイルスが自分の遺伝子 DNAを合成する際,本来の核酸構成成分と間違えて取込んでしまう。しかし,遺伝子合成を続けるのに必要な構造を欠いているため,取込んだ時点で核酸の合成がストップする。当初は癌の治療薬として開発されていたが,副作用が強すぎるなどの理由で中断されていた。それを,アメリカ国立癌研究所研究員の三矢裕満らが掘起したことは有名。その時点ではアジドチミジン AZTと呼ばれていたが,現在ではジドブジンと呼ばれている。患者の延命効果があるほか,最近では,症状の軽いうちから投与して,病状の悪化を防ぐ研究が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android