ジビエ遺跡(読み)ジビエいせき(英語表記)Ziviye

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジビエ遺跡
ジビエいせき
Ziviye

イラン北西部,ウルミア湖南方の丘陵地帯にある遺跡。前9~8世紀頃城塞都市として栄えた遺跡で,高さ 150mの丘をなし周囲に城壁をめぐらしている。 1947年ここから金銀製品,象牙細工を含む財宝が村人によって発掘された。アッシリア風の意匠を主調としたものとスキタイ風の動物意匠があり,また両方が混在したものもあるがその製作者,年代は確定していない。フランスの A.ゴダールはアッシリアからの輸入品とみられる象牙類を除き,その他の製作者をマンナイ人とみて,その年代を前9世紀と解しているが,メディア時代の遺宝ともいわれている。その文化の内容はアッシリア,スキタイ,ウラルトゥ,エラムなどさまざまな影響を受けたものといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android