コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャナクプル Janakpur

世界大百科事典 第2版の解説

ジャナクプル【Janakpur】

ネパール南東部の町。ジャナクプル県ダヌカー(ダヌシャー)郡の中心。人口1万4294(1971)。ヒンドゥー教の聖地で,年に何度かの祭りにはインドからも多数の巡礼が訪れる。《ラーマーヤナ》の叙事詩中のラーマ王子の妃シーターの誕生の地,その父ジャナカ王の王城の地といわれ,沐浴のための池や井戸,ジャナキ寺院その他18世紀以降に建てられた寺が多い。近年,郡都として,商業,工業(タバコ,マッチなど),行政・教育施設などの面で発展しつつある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android