ジャン・ポール ラプノー(英語表記)Jean-Paul Rappeneau

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
映画監督

国籍
フランス

生年月日
1932年4月8日

出生地
オーセール

勲章褒章
レジオン・ド・ヌール勲章オフィシエ章

受賞
ルイ・デリュック賞〔1966年〕「城の生活」,セザール賞最優秀監督賞〔1991年〕「シラノ・ド・ベルジュラック

経歴
1950年代レイモン・ベルナールらの助監督を務め、エドゥアール・モリナロらの短編映画に協力。’58年短編「Chronique provinciale」を監督。脚本家として「地下鉄のザジ」(’60年)、「私生活」(’61年)、「リオの男」(’64年)などを手がけた後、’66年カトリーヌ・ドヌーヴ主演の長編第1作「城の生活」で注目される。以後、数々のヒット作を送り出し、’90年の「シラノ・ド・ベルジュラック」はセザール賞作品賞・監督賞ほか、世界各国の映画賞を獲得するなど絶賛を浴びる。他の作品に「コニャックの男」(’71年)、「うず潮」(’75年)、「Tout feu tout flamme(炎のごとく)」(’82年)、「プロヴァンスの恋」(’95年)、「ボン・ヴォヤージュ」(2002年)。寡作だが、気品のあるフランス的なコメディの伝統を受け継いでいる。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android