ジャン・リュック マリオン(英語表記)Jean-Luc Marion

現代外国人名録2016の解説

ジャン・リュック マリオン
Jean-Luc Marion

職業・肩書
哲学者 パリ第4大学教授

国籍
フランス

生年月日
1946年7月3日

出生地
パリ

学歴
パリ・エコール・ノルマル・シュペリウール卒

資格
アカデミー・フランセーズ会員〔2008年〕

受賞
アカデミー・フランセーズ哲学大賞〔1992年〕,カール・ヤスパース賞〔2007年〕

経歴
パリ第4大学助手、ポワティエ大学教授、パリ第10大学教授を経て、パリ第4大学教授、シカゴ大学教授。2008年アカデミー・フランセーズ会員。現代フランスを代表する哲学者で、ハイデガーの決定的な影響のもとにありながら、“存在の問い”を“神の問い”によって解任し、それに基づいてデカルトを初めとする哲学史研究、神学、現象学のそれぞれの分野を大胆に革新しつつある。著書に「デカルトの形而上学的プリズムについて」「還元と贈与」「存在なき神」などがある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android