コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャート族 ジャートぞく Jāt

1件 の用語解説(ジャート族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャート族
ジャートぞく
Jāt

インド北西部およびパキスタンに住む農民カースト。かつてはインド北西端に居住し,その後パンジャブデリー,西ウッタルプラデーシュ,ラージャスターンに移住していったと考えられている。西部に住むイスラム教徒ジャート族の社会は父系的で,ゴートラ Gotraと呼ばれる外婚制氏族に分割され,夫方居住婚に基づく血族が広範囲にわたって分散している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャート族の関連キーワードパキスタンパシュト語東パキスタンインドパキスタン戦争パキスタニージャンムー・カシミール[州]パシュトゥーンパキスタンの民族構成バルーチ族ラダク

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone