コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャート族 ジャートぞくJāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャート族
ジャートぞく
Jāt

インド北西部およびパキスタンに住む農民カースト。かつてはインド北西端に居住し,その後パンジャブ,デリー,西ウッタルプラデーシュ,ラージャスターンに移住していったと考えられている。西部に住むイスラム教徒のジャート族の社会は父系的で,ゴートラ Gotraと呼ばれる外婚制氏族に分割され,夫方居住婚に基づく血族が広範囲にわたって分散している。パキスタンのジャート族は主としてイスラム教徒,インドのジャート族はシク教徒とヒンドゥー教徒とがほぼ半々である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャート族の関連キーワード農民反乱[東洋]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android