コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュネーブ教理問答 ジュネーブきょうりもんどうCatechismus Genevensis[ラテン]

世界大百科事典 第2版の解説

ジュネーブきょうりもんどう【ジュネーブ教理問答 Catechismus Genevensis[ラテン]】

カルバンによる教理問答。彼は1541年シュトラスブルクからジュネーブに帰り宗教改革を続行したとき,教会規則とともに教理問答を書きなおした。42年フランス語版,45年ラテン語版が出版された。さきの1537年の教理問答(問答形式をとらない)は《キリスト教綱要》初版の要約であったが,全4部,373問答のものに改められた。子どもたちは12歳以後,これを教えられて信仰を告白し,教会の成員と認められた。【渡辺 信夫

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android