コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信夫 しのぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信夫
しのぶ

福島県北部の旧国名。5~6世紀には一国をなし信夫国造 (くにのみやつこ) がおかれた。大化改新で郡となり,その後伊達郡を分離。 16世紀頃は交通の要地で,福島盆地南西部の大部分を占めていた。 1968年全域が福島市に編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しのぶ【信夫】

福島県北方にあった旧郡名。現在は福島市の一部。上代、今の伊達(だて)郡とともに信夫国を形成していた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しのぶ【信夫】

歌枕。福島市にある。《和名抄》に陸奥国信夫郡があり〈志乃不〉と訓を付す。《古今集》巻十四には源融の〈陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れむと思ふ我ならなくに〉の歌がある。〈しのぶもぢずり(忍捩摺)〉は信夫郡の名産で,石に草木をこすりつけ,布にその色を移した染物。市内山口地区に文字摺石という石があり,芭蕉も《おくのほそ道》の紀行で訪ね,〈早苗とる手もとや昔しのぶ摺〉の句を詠んだ。ただし,この石だけに特定できず,やや疑問が残る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しのぶ【信夫】

福島県の旧郡名。現在は福島市内に含まれる。この地の「信夫山」「信夫の森」「信夫の里」などは歌枕として古歌に詠まれた。 「人しれず苦しき物は-山したはふ葛の恨みなりけり/新古今 恋二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

信夫の関連キーワードハテルマシキナ よみがえりの島・波照間ジャンバルジャン 前後篇怪異談生きてゐる小平次太陽、海を染めるときアメリカンスクール上を向いて歩こう佐原太郎右衛門朝日杯・信夫杯海やまのあひだオーストラリアジャンピング!検事調書の余白アキバレッド太陽への脱出阿里山の侠児古代感愛集おんなの砦正義の勇者折口信夫論別れる理由

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信夫の関連情報