コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教理問答 きょうりもんどう

百科事典マイペディアの解説

教理問答【きょうりもんどう】

キリスト教の信仰教育に供される書物。英語ではカテキズムcatechism(ギリシア語カテケイン〈口頭での教示〉に由来)。受洗志願者や信徒に教理の解説をするもので,古くは《ディダケー》,宗教改革以降はルターによる《ルター大小教理問答》,《ジュネーブ教理問答》,《ハイデルベルク教理問答》,《ローマ教理問答》(通称《公教要理》)などが有名で,現代でも種々の版が用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうりもんどう【教理問答 catechismus[ラテン]】

キリスト教信仰教育のための書物。ギリシア語katēchein(〈口頭で教える〉の意)に由来し,英語ではカテキズムcatechismという。キリスト教会はその歴史の最初の時期から受洗志願者や教会全体の教育のために教理を要約し,生活の指標を与える素材を選んで,その努力をつづけた(《ディダケー》など)。キリスト教が公認宗教となってのち,それはキリスト教的生活の維持のため〈懺悔(ざんげ)〉と結びついて行われるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教理問答
きょうりもんどう

カテキズム」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教理問答の関連キーワードリシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)バッハ:4つのデュエット/piano soloウェストミンスター教理問答ウェストミンスター標準ウェストミンスター会議ドチリナキリシタン福音改革派教会ノルウェー文学古期プロシア語ローマ公教要理ルーテル派教会ダベンポートソッツィーニリトアニア語ネチャーエフウールホルン和協信条書サンシモンオリゲネスキルヒナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android