ジョカン寺(読み)ジョカンじ(英語表記)Jo bo khang

世界大百科事典 第2版の解説

ジョカンじ【ジョカン寺 Jo bo khang】

チベットの寺名。大招寺とも表記される。チベット名トゥルナン’Phrulsnang。ソンツェン・ガンポ王の妃ネパール王女の建立と伝えられるが,王没後まもなく建てられた菩提寺らしい。ジョまたはチョオとは釈迦牟尼像のこと,カンは寺である。まつられているチョオは文成公主が唐からもたらし,初めラモチェ(小招寺)にまつられていたものである。チベット仏教第一の聖地,ラサlha sa(または招地)とも呼ばれ,しだいに首都を指す名に変わっていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョカン寺の関連情報