ジョージ ウォーリントン(英語表記)George Wallington

20世紀西洋人名事典の解説


1924.10.27 - 1993.2.15
ジャズピアニスト。
シシリー島パレルモ(イタリア)生まれ。
本名Giorgio Figlia。
父はオペラ歌手で、1925年にアメリカに移住し、15才で高校中退後ローカル・バンドに参加した。’44年にディジー・ガレスビーの率いるパップバンドに加入、’53年にライオネル・ハンプトン楽団で渡欧し、’55年〜56年は自己のクインテットで活動した。転職後復帰し、’85年にはクール・ジャズ祭にも出演した。代表作として、「カフェ・ボヘミアのジョージ・ウォーリントン」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android