コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージ・A. ラッセル George Allan Russell

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・A. ラッセル
George Allan Russell


1923.6.23 -
米国のジャズピアノ奏者,編曲者。
ニューイングランド音楽院教授。
オハイオ州シンシナチ生まれ。
ウィルバーフォース大学で学ぶ。ベニー・カーター・バンドのドラマーを経て、ニューヨークに進出し、1947年にデイジー・ガレスビー演奏の「クバーナ・ビー〜クバーナ・バップ」で成功を収め、’53年には革新的な音楽理論であるリディア的考えによる音楽体系を発表。その後渡欧、スウェーデンで5年間暮らし、’69年に帰国後はニューイングランド音楽院教授を務める。’78年には19人編成のビッグ・バンドを編成し、’80年代に入ると「ボトム・ライン」にレギュラー出演。代表作は「エズ・セテック」(Riverside)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ジョージ・A. ラッセルの関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正