ジョージ・A. ラッセル(英語表記)George Allan Russell

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・A. ラッセル
George Allan Russell


1923.6.23 -
米国のジャズピアノ奏者,編曲者。
ニューイングランド音楽院教授。
オハイオ州シンシナチ生まれ。
ウィルバーフォース大学で学ぶ。ベニー・カーター・バンドのドラマーを経て、ニューヨークに進出し、1947年にデイジー・ガレスビー演奏の「クバーナ・ビー〜クバーナ・バップ」で成功を収め、’53年には革新的な音楽理論であるリディア的考えによる音楽体系を発表。その後渡欧、スウェーデンで5年間暮らし、’69年に帰国後はニューイングランド音楽院教授を務める。’78年には19人編成のビッグ・バンドを編成し、’80年代に入ると「ボトム・ライン」にレギュラー出演。代表作は「エズ・セテック」(Riverside)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android