コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジルヤーブ Ziryāb

世界大百科事典 第2版の解説

ジルヤーブ【Ziryāb】

8世紀末から9世紀にかけて活躍したアラブの音楽家。生没年不詳。本名アブー・アルハサン・アリー・ブン・ナーフィーAbū al‐Ḥasan ‘Alī b.Nāfī‘。イスハーク・アルマウシリーの弟子。はじめアッバース朝のバグダードカリフのハールーン・アッラシードの寵を得たが,アンダルスに渡り,後ウマイヤ朝のカリフ,アブド・アッラフマーン2世に仕えた。コルドバに音楽学校を建て,アンダルス楽派の祖となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジルヤーブの言及

【音楽】より

…さまざまな中立音程の理論的な位置づけである。 マグレブのアラブ音楽は9世紀前半にコルドバで活躍した音楽家ジルヤーブを開祖とする。彼はバグダードで学びアッバース朝カリフのハールーン・アッラシードの宮廷に仕えた優れた音楽家であった。…

【リュート】より

…711年,イベリア半島に侵攻してここを支配したイスラム教徒は,ウードを携えて行った。9世紀には偉大な歌手でウードの名人ジルヤーブがスペインに渡った。一方,9世紀にはイスラム教徒が直接イタリアに侵攻してその文化を持ち込んでいるし,10~11世紀には十字軍が東方から楽器を含むさまざまな品物を持ち帰っている。…

※「ジルヤーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジルヤーブの関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(2世)ハールーン・アッラシードマグレブ音楽ウマイヤ朝アラブ音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android