ジークムント

精選版 日本国語大辞典「ジークムント」の解説

ジークムント

(Siegmunt) 中世ヨーロッパのゲルマン混成部族の一つであるブルグント族の王(在位五一六‐五二四)。ブルゴーニュ地方を六世紀初頭に治めた。ブルグント人と先住民の対立を解決するためカトリック改宗ジギスムント。五二四年没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジークムント」の解説

ジークムント(Siegmund)

ドイツの伝説で、ブルグント族の王。「ニーベルンゲンの歌」に登場し、ジークフリートの父とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android