コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スィトライマヒホサ宮殿 スィトライマヒホサキュウデン

デジタル大辞泉の解説

スィトライ‐マヒ‐ホサ‐きゅうでん【スィトライマヒホサ宮殿】

Sitorai Mohi Hossa》ウズベキスタン南東部の都市ブハラにある宮殿。市街中心部の北約4キロメートルに位置する。20世紀初頭、ブハラハン国の最後のハンであるアリム=ハンにより夏の離宮として建造。ロシア人建築家と地元の職人30人が手掛け、ロシアとブハラの様式が混在する。シトライマヒホサ宮殿。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android