コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカピリアトゥーラ派 スカピリアトゥーラはScapigliatura

世界大百科事典 第2版の解説

スカピリアトゥーラは【スカピリアトゥーラ派 Scapigliatura】

イタリアで1860年代から80年代にかけて,王制による新国家体制に幻滅を感じた若い共和主義的作家たちによって,ミラノを中心に展開された前衛文学運動。蓬髪派とも訳される。彼らは既成の価値観を否定し,芸術至上主義を唱え,ボヘミアン的生活を送ったため,スカピリアトゥーラ(〈奇矯なふるまいの人々〉の意)と呼ばれた。彼らは当時支配的だった科学実証主義に反発しながら,ロマン主義文学の超克を目ざした。そこで一方では社会的不正義を糾弾するリアルな作品を書きながら,もう一方ではボードレールネルバル,ポーらの影響のもとに,イタリアのロマン主義文学が見過ごしてきた悲惨なもの,怪奇なものへ文学的探究を進めていった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スカピリアトゥーラ派の関連キーワードプラーガ(Emilio Praga)ジャコーザプラーガ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android