コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王制 おうせい

4件 の用語解説(王制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

王制

イスラム世界にはいくつかの種類の君主制が存在し、それぞれの呼称も異なっている。カリフとは後継者を意味し、特に預言者ムハンマドの後継者を指す。イスラムの諸王朝は、しばしばこの称号を使うことで、その支配の正統性を主張してきた。カリフを称した最後の王朝はオスマン帝国の支配者で、1923年のトルコ共和国の成立によってカリフ制度は消滅した。アミールは指揮官を意味し、現在ではペルシア湾岸の一部の君主の称号として使われる。日本語では首長と訳されることが多い。クウェートの支配者などはアミールである。アフガニスタンタリバーン政権指導者であったムハンマド・オマルは、「アミール・アル・モウメニーン(信者の司令官)」の称号を使った。これは2代目カリフのオマルの称号であった。スルタンは支配者を意味し、宗教的な権威は持たない場合が多い。セルジュク朝、オスマン朝などのトルコ系の諸王朝がよくスルタンを称した。オスマン帝国の支配者は、スルタンとカリフの両方の称号を使ったわけである。スルタンは明治以前の日本史における将軍に、感覚的には近い。イマームは指導者を意味し、大小を問わず集団礼拝の指導者を指す。シーア派では預言者の血統の最高指導者を指す。イランホメイニはイマームという称号で呼ばれた。シャーペルシア語で王を意味し、伝統的にイラン、アフガニスタンとインドムガール帝国の支配者などが称した。マリクアラビア語で王を意味し、サウジアラビアモロッコヨルダンバーレーンで使われている。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐せい〔ワウ‐〕【王制】

王が主権をもつ政治制度。君主制
王の定めた制度。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おうせい【王制】

王が統治する政治制度。君主制。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王制の関連キーワードイスラム哲学イスラム美術ジハード絶対君主制汎イスラム主義サマルカンド紙アブド・アルカーディル・アルジーラーニーダール・アルイスラームイスラム世界イスラム世界会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

王制の関連情報