幻滅(読み)げんめつ

精選版 日本国語大辞典 「幻滅」の意味・読み・例文・類語

げん‐めつ【幻滅】

〘名〙 幻想から覚めて現実にかえってがっかりすること。美化され理想視されていた事柄が幻にすぎなかったことを知らされること。
※幻滅時代の芸術(1906)〈長谷川天渓〉「幻滅の世に彷徨する者を導きて、真正の幻影界に優遊せしむる芸術は、いかなる物なるべきか」
侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉幻滅した芸術家「或一群の芸術家は幻滅の世界に住してゐる」
[補注]中国唐代の仏典(「続高僧伝‐二七・唐偽鄭沙門釈智命伝」に「幻生還幻滅」とある)に見えるが、幻のように消え去るといったほどの意味であり、現代日本語の意味とは必ずしも重ならない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「幻滅」の意味・読み・例文・類語

げん‐めつ【幻滅】

[名](スル)期待やあこがれで空想し美化していたことが現実とは異なることを知り、がっかりすること。「幻滅を感じる」「都会生活に幻滅する」
[類語]がっかり失望落胆絶望失意がっくりげっそり脱力虚脱・失墜感・気落ち気抜け拍子抜け力抜け腑抜け力落とし意気阻喪しょんぼりぽつねんと悄然意気消沈しおしおすごすごしょぼしょぼしょぼくれるしょぼたれるしょぼんとしゅん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「幻滅」の読み・字形・画数・意味

【幻滅】げんめつ

まぼろしと消える。唐・臨刑〕詩 幻生し(ま)た幻滅す 大幻身にぐる(な)し 心を安んずるは自(おのづか)ら處り 人に求むるも人る無し

字通「幻」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android