スカベンジャー受容体

栄養・生化学辞典の解説

スカベンジャー受容体

 変性LDL受容体ともいう.マクロファージの細胞表面などに発現しており,酸化されたり,アセチル化されたLDLを認識して細胞内へとりこむ働きをするとされる.少なくとも6種類が区別されている.粥状硬化の発症機構との関連で注目されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android