コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカルジスコカミェンナ スカルジスコカミェンナSkarzˈysko-Kamienna

1件 の用語解説(スカルジスコカミェンナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカルジスコカミェンナ
Skarzˈysko-Kamienna

ポーランド南東部,シフィエントクシスキェ県の工業都市キェルツェ北東約 30km,ウィスワ川の支流カミェンナ川沿いの台地にあり,広大な森に囲まれる。付近に鉄鉱脈があり,1440年に採鉱開始,1754年高炉建設,1897年製鋼所建設と発展してきた。第2次世界大戦中はドイツ軍に対するパルチザン戦の舞台となった。ワルシャワ-クラクフ鉄道の要地で,金属工業・鉱業都市として発展した。人口5万 464 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone