スカルジスコカミェンナ(英語表記)Skarżysko-Kamienna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカルジスコカミェンナ
Skarżysko-Kamienna

ポーランド南東部,シフィエントクシスキェ県の工業都市。キェルツェ北東約 30km,ウィスワ川の支流カミェンナ川沿いの台地にあり,広大な森に囲まれる。付近に鉄鉱脈があり,1440年に採鉱開始,1754年高炉建設,1897年製鋼所建設と発展してきた。第2次世界大戦中はドイツ軍に対するパルチザン戦の舞台となった。ワルシャワ-クラクフ鉄道の要地で,金属工業・鉱業都市として発展した。人口5万 464 (2002) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android