コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキロン スキロン Skiron

1件 の用語解説(スキロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキロン
スキロン
Skiron

ギリシア神話の人物。メガラの海岸のスキロンの岩と呼ばれる大岩のそばにいて,通行人に自分の足を洗わせては海中に蹴落し,海亀のえじきにしていたが,最後にテセウスによって海に投込まれ,自分も同じ海亀に食われて死んだとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスキロンの言及

【プロクルステス】より

…現在でも杓子定規,容赦ない強制の意で使われる〈プロクルステスの寝台Procrustean bed〉はこれに由来する。同じ街道で,曲げた2本の枝に1本ずつ足をゆわえつけ,通行人を二股裂きにしていたシニスSinis,海に蹴落として大亀の餌食にしていたスキロンSkirōn,むりやり相撲の相手をさせて殺していたケルキュオンKerkyōnらと相前後して,いずれもみずからが旅人を殺すのに用いた方法で,アテナイの王子テセウスに退治されたという。【水谷 智洋】。…

※「スキロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スキロンの関連キーワードグライアイケイロンヒュプノスギリシャ神話メガクリテ《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)カイロン(キローン)キローン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone