コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキロン Skiron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキロン
Skiron

ギリシア神話の人物。メガラの海岸のスキロンの岩と呼ばれる大岩のそばにいて,通行人に自分の足を洗わせては海中に蹴落し,海亀のえじきにしていたが,最後にテセウスによって海に投込まれ,自分も同じ海亀に食われて死んだとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のスキロンの言及

【プロクルステス】より

…現在でも杓子定規,容赦ない強制の意で使われる〈プロクルステスの寝台Procrustean bed〉はこれに由来する。同じ街道で,曲げた2本の枝に1本ずつ足をゆわえつけ,通行人を二股裂きにしていたシニスSinis,海に蹴落として大亀の餌食にしていたスキロンSkirōn,むりやり相撲の相手をさせて殺していたケルキュオンKerkyōnらと相前後して,いずれもみずからが旅人を殺すのに用いた方法で,アテナイの王子テセウスに退治されたという。【水谷 智洋】。…

※「スキロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スキロンの関連キーワード世界のおもな局地風プロクルステスギリシア神話キム ボルイアイアコス

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android