コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクラム・ジェット・エンジン すくらむじぇっとえんじん SCRAM (Supersonic Combustion Ram) jet engine

1件 の用語解説(スクラム・ジェット・エンジンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

スクラム・ジェット・エンジン

大陸間極超音速飛行用として、大気圏内をマッハ6〜12の速度で効率よく飛ぶために研究されているエンジンスペースシャトルの後継機のエンジンとしても開発が進む。極超音速の飛行体では、外気流を取り入れてダクト内で減速すれば、大きな押し込み圧力(ラム圧)で空気が圧縮される。そこで燃料を燃焼させ、後方に加速されたガスとして噴出させれば、圧縮器を使わない簡潔なジェット(ラム・ジェット)になる。燃焼に必要な酸素に大気の成分を利用するので、液体水素/酸素ロケットに比べ、飛行体を遥かに軽量、コンパクト化できる。しかし燃焼が安定する亜音速まで減速すると高温になり過ぎてしまうので減速を超音速流までにとどめるのがスクラム・ジェット。超音速流の中での安定した燃焼が課題。米航空宇宙局(NASA)のX‐43A実験機は2004年11月16日にマッハ9.8を記録した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)でも研究が行われている。

(鳥養鶴雄 元日本航空機開発協会常務理事 技術士(航空機部門) / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクラム・ジェット・エンジンの関連キーワード大気圏超音速機超音速流風洞マッハ数亜音速遷音速超音速極超音速ソニックブーム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone