スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano solo(読み)Sonata for Piano No. 3

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano solo

この作品は、スクリャービンにとって2度目の演奏旅行となる旅先のパリで、1897年に作曲が始められた。モスクワ音楽院出身のピアニスト、ヴェーラと婚約した頃であった。しかし、彼の家族や支援者にこの結婚は反 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android