コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto) Concerto for piano and orchestra

1件 の用語解説(スクリャービン(スクリアビン):ピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto)の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto)

ピアノとオーケストラの作品としては、習作をのぞいて作曲者唯一の作品。1896年の作曲。スクリアビン前期の作風は、特にエチュードOp.8などにおいては、よくショパンとの類似性を指摘されるが、この作品も ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto)の関連キーワードオーケストラビゼーブリスオーケストラピットオーケストラボックスオケウインドオーケストラショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ 変ホ長調 (ピアノと管弦楽またはピアノソロ)/piano and orchestra(concerto)ドヴォルザーク(ドボルザーク)バツェヴィチ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone