スタノボイ[山脈](読み)スタノボイ

百科事典マイペディア「スタノボイ[山脈]」の解説

スタノボイ[山脈]【スタノボイ】

東部シベリア,ロシアのサハ共和国とアムール州の境にある山脈。ほぼ東西に長さ約700km,幅100〜180km。2本の並行した山脈からなり,北極海側と太平洋側との分水嶺となっている。最高点は標高2412m。
→関連項目興安嶺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「スタノボイ[山脈]」の解説

スタノボイ[山脈]【Stanovoi khrebet】

ロシア連邦東部,東シベリアを東西に走る中山性の山脈。その大半は北極海と太平洋(日本海,オホーツク海)の分水嶺となり,サハ共和国とアムール州の境界でもある。ほぼ北緯56゜線に沿って東西にのび,長さ700km,幅100~180km,標高は1500~2000mであり,最高点は東部のスカーリスティー・ゴーレツ(2412m)。山体は結晶片岩,片麻岩,花コウ岩などの深成岩からなり,一部に金,鉄などの埋蔵が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android