コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタブロニキタ修道院 スタブロニキタシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

スタブロニキタ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【スタブロニキタ修道院】

Moni StavronikitaΜονή Σταυρονικήτα》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山の修道院。半島東岸の海を望む高さ50メートルの断崖の上に位置し、要塞のような外観で知られる。11世紀以前の創設とされる。主聖堂は16世紀の建造で、クレタ派の画家テオファネスが描いたフレスコ画が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スタブロニキタ修道院の関連キーワードハルキディキ半島

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android