スターリン線(読み)スターリンせん(英語表記)Stalin line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スターリン線
スターリンせん
Stalin line

ソ連が第2次世界大戦前,フィンランド湾からプスコフミンスクを通ってオデッサまでをつないでいた要塞線。 1936年起工。フランスとの関係がよかったことから,マジノ線の資料を得て構築した。 41年にソ連がドイツとともにポーランドを分割したときには,まだ,継続した要塞線としては完成していなかったが,都市周辺は堅固に守られていた。ポーランド占領とともに境界線が西へ下がったため工事は中止され,そのままドイツ軍の進攻を迎え,戦車と急降下爆撃機によって簡単に突破された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる