コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界線 キョウカイセン

デジタル大辞泉の解説

きょうかい‐せん〔キヤウカイ‐〕【境界線】

土地のさかいめの線。また、物事のさかいめ。「純文学と大衆文学との間に境界線は引きにくい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

境界線

敷地に接している隣地または道路などと敷地との境。建築基準法上の種々の規定の基盤となる重要な要素だが、境界線が明示されていないケースも多い。敷地が幅員4メートル(または6m)未満の道路に面していた場合は、自己所有地であっても道路境界線から一定距離セットバックした線上が建築基準法上の道路境界線とみなされる。→みなし道路

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

岩石学辞典の解説

境界線

三成分相図で,隣接した液相線の面が交差する線[Wahlstrom : 1950].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうかいせん【境界線】

土地などのさかいを示す線。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

境界線の関連キーワードメーソン=ディクソン線北方限界線(NLL)ボーダーラインブラキストン線ウッドフェンスエイリアシング境界確定の訴えマカッサル海峡中印国境紛争一線を画する中越国境問題タッチライン言語境界線勝敗ライン軍事境界線朝鮮海峡線斜線制限啀み合いフェンスしきい値

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境界線の関連情報