境界線(読み)キョウカイセン

リフォーム用語集「境界線」の解説

境界線

敷地に接している隣地または道路などと敷地との。建築基準法上の種々の規定基盤となる重要な要素だが、境界線が明示されていないケースも多い。敷地が幅員4メートル(または6m)未満の道路にしていた場合は、自己所有地であっても道路境界線から一定距離セットバックした線上が建築基準法上の道路境界線とみなされる。→みなし道路

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「境界線」の解説

きょうかい‐せん キャウカイ‥【境界線】

〘名〙 境界の線。また、比喩的に、抽象的な事柄境目
※民法(明治二九年)(1896)二二九条「疆界線上に設けたる界標、囲障、牆壁及び溝渠は相隣者の共有に属するものと推定す」
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉一七「吾々の意識には敷居の様な境界線(キャウカイセン)があって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android