コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチルプノメレーン stilpnomelane

世界大百科事典 第2版の解説

スチルプノメレーン【stilpnomelane】

Feに富み,少量のAl,Mgなどを含む含水ケイ酸塩鉱物。化学組成は(K,Na,Ca)(Fe3+,Fe2+,Mg,Al)12(Si,Al)18(O,OH)54nH2Oで表される。Fe2+を主とするものとFe3+を主とするものがある。三斜晶系。複雑な層状構造をもつ。黒色の微細な葉片状をなし,黒雲母に似るが,雲母よりもろく,底面のへき開はやや不完全で,これに直交するへき開もある。モース硬度3~4,比重2.6~3。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android