コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スチルプノメレーン stilpnomelane

1件 の用語解説(スチルプノメレーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スチルプノメレーン【stilpnomelane】

Feに富み,少量のAl,Mgなどを含む含水ケイ酸塩鉱物化学組成は(K,Na,Ca)(Fe3+,Fe2+,Mg,Al)12(Si,Al)18(O,OH)54nH2Oで表される。Fe2+を主とするものとFe3+を主とするものがある。三斜晶系。複雑な層状構造をもつ。黒色の微細な葉片状をなし,黒雲母に似るが,雲母よりもろく,底面のへき開はやや不完全で,これに直交するへき開もある。モース硬度3~4,比重2.6~3。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スチルプノメレーンの関連キーワード雲母黒雲母磁鉄鉱陽起石ラジウム泉アタパルジャイトクラロコライトバハアイトオウェン岩カザンスキー岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone