白水(読み)はくすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白水
はくすい

熊本県北東部,南阿蘇村東部の旧村域。阿蘇山火口原である南郷谷にある。 1889年白川村,吉田村,両併村,一関村,中松村の5村が合体して白水村が発足。 2005年久木野村,長陽村と合体し南阿蘇村となる。白川沿いの平地を中心に,,タバコ,飼料作物を産し,肉牛の飼育が行なわれる。近年はトマト,メロンなどの栽培も盛ん。白川水源は名水百選の一つ。全域が阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しろ‐みず〔‐みづ〕【白水】

米を研ぐときに出る、白く濁った水。とぎ汁。とぎ水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろみず【白水】

米をといだときに出る、白く濁った水。米のとぎ水。とぎ汁。
空気を含んでいることから白濁して見える水。また、水道管内の亜鉛が溶出して白濁した水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白水
はくすい

熊本県東部、阿蘇(あそ)郡にあった旧村名(白水村(むら))。現在は南阿蘇村の東部を占める。2005年(平成17)に久木野(くぎの)村、長陽(ちょうよう)村と合併して南阿蘇村となった。肥後(ひご)台地・熊本平野を潤す白川の水源の地で、白水の名もそれによるという。旧村域は阿蘇中央火口丘と阿蘇南外輪山との間にある旧火口原、いわゆる阿蘇南郷谷のほぼ中央に位置し、北半は洪積世(更新世)末期の火山噴出物からなる阿蘇中央火口丘の南斜面、南半は火口原沖積層からなるカルデラ低地からなり、土地利用も際だった対照をなす。すなわち北半域は採草地・放牧地がほとんどであるのに対し、南半域は田畑地だけでなく、国道325号ならびに南阿蘇鉄道も東西方向に走って、中枢域をなしている。産業の中心は久しく米麦・トウモロコシなどの穀類栽培と和牛飼育とであったが、昭和50年代前半からトマト、メロンなどの栽培も盛んである。また過疎対策として推し進めた工場誘致や阿蘇登山道路(阿蘇パノラマライン)の建設は、電気・輸送機械・縫製などの工場や観光客をそれぞれに呼び込み、第二次、第三次産業人口の増大に寄与している。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白水の関連情報