ステートフルパケットインスペクション(読み)すてーとふるぱけっといんすぺくしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ステートフルパケットインスペクション

パケットフィルタリング機能に加え、アプリケーション層の通信の制御までを行なうファイアウォール一種。ステートフルパケットインスペクションでは、ネットワークの通信状況をつねに細かく監視し、その場面に応じた通信が適切に行なわれているかをチェックする。たとえばFTPサーバーとのやり取りの場合、コントロール用のコネクションがクライアント側から確立した時点で、次にサーバー側からデータ用のコネクション確立要求が来ることを予想する。予想通りパケットが到着すれば、(普段は破棄する)外部からのコネクション確立要求も通せるというもの。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android