コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステートフルパケットインスペクション すてーとふるぱけっといんすぺくしょん

1件 の用語解説(ステートフルパケットインスペクションの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ステートフルパケットインスペクション

パケットフィルタリング機能に加え、アプリケーション層の通信の制御までを行なうファイアウォールの一種。ステートフルパケットインスペクションでは、ネットワークの通信状況をつねに細かく監視し、その場面に応じた通信が適切に行なわれているかをチェックする。たとえばFTPサーバーとのやり取りの場合、コントロール用のコネクションクライアント側から確立した時点で、次にサーバー側からデータ用のコネクション確立要求が来ることを予想する。予想通りパケットが到着すれば、(普段は破棄する)外部からのコネクション確立要求も通せるというもの。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステートフルパケットインスペクションの関連キーワードIPスプーフィングパケットフィルタリングフィルタリングパケット交換網フィルタリングソフトインターネットフィルタリングサービスインターネットフィルタリングソフトwebフィルタリングソフトパケットスイッチングフィルタリング機能

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ステートフルパケットインスペクションの関連情報