コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファイアウォール

6件 の用語解説(ファイアウォールの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファイアウォール

社内LANや外部への公開サーバーへの不正侵入の防御を行なうためのソフトウェアハードウェア。一般的には社内ネットワークWANに接続されたルーター間に設置される。通過するネットワークトラフィックを監視し、適用したルールに基づいて正当な通信のみを行なえるようにする一方、不正な動きを遮断できる。ファイアウォールの方式としては、IPヘッダに含まれている情報を元に通信を制御する「パケットフィルタリング」、アプリケーションからの操作を中継する「アプリケーションゲートウェイ」、各層からの情報を元に作ったテーブルベースセッション単位でフィルタリングを行なう「ステートフルパケットインスペクション」などがある。最近ではVPNの機能を搭載した製品も数多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

ファイアウォール

LANとインターネットとの境界に設置して、必要に応じて通信を通過させたり遮断したりする装置です。ブロードバンド・ルーターの機能として搭載されることもあります。悪人がネット経由でLANに不正に侵入しようとするのを防いだり、LANに接続されたパソコンから機密データが漏れたりしないように、LANとインターネット間の通信を監視します。もともとの意味は、火事の延焼を防ぐ「防火壁」です。これをパソコン用のソフトにしたものが「パーソナル・ファイアウォール」です。通信の監視対象はインストールされたパソコンだけです。
⇨Windowsファイアウォール、
不正アクセス

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ファイア‐ウォール(fire wall)

銀行・証券両業務兼営から生じる利益相反や不正取引を防止するため、銀行と証券子会社の間に設ける規制。
ネットワークやコンピューターに、インターネットあるいは公衆回線などを通して部外者が無断で侵入できないように防御するシステム

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ファイアウォール

インターネットイントラネットの境界に置き,セキュリティを保護するためのソフトウェア。外から内への侵入や,内から外への漏洩を防ぐ機能を〈防火壁〉にたとえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

情報セキュリティ用語辞典の解説

ファイアウォール

ネットワーク上のパケットの流れを制御(通過、遮断など)するソフトウェアまたはハードウェア。主に内部ネットワークと外部ネットワークの境界に設置される。制御方法はパケットフィルタリング方式やステートフルインスペクション方式などがある。

出典|教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
情報セキュリティ用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ファイアウォール【firewall】

企業のLAN(ラン)などのコンピューターネットワークにおいて、外部と内部の通信を制御し、クラッキングなどの不正侵入や外部への情報漏えいを防ぐソフトウェアやハードウェア。ネットワークセキュリティー上、重要な役割を持つ。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

ファイアウォールの関連キーワード無線LANブリッジLANDMZLAN ManagerVLANLANSSIDLANWAN

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファイアウォールの関連情報