コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストゥピノ Stupino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストゥピノ
Stupino

ロシア西部,モスクワ州の都市。モスクワの南約 100km,オカ川左岸にあり,同川をへだててカシーラと相対する。第2次世界大戦後発展した都市で,金属加工,建設資材などの工業があり,大火力発電所が立地する。モスクワと鉄道,ハイウェーで連絡。人口7万 4600 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ストゥピノの関連キーワードウスペンスキー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android