コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストラチオタイ stratiōtai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストラチオタイ
stratiōtai

ビザンチン帝国中期の農民兵。世襲の兵役義務 (おもに国境警備) と引替えに世襲の耕作地を与えられ,戦時には兵士として,平和時には農民として過す,一種の屯田兵的性格をもつものであった。その構成は正規の軍人,一般市民 (特に受刑者など) ,外国人捕虜などがおり多彩であった。ローマ時代のリミタネイに似た彼らは帝国のテマ制度の中核をなした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android